ロレックス2017-2018年注目のモデル

ロレックス2017-2018年注目のモデルは二つあります。

注目モデルの一つは、OYSTER PERPETUAL SEA-DWELLERです。

こちらのモデルは1967年に誕生したロレックスのダイバーズモデル「オイスター パーペチュアル シードゥエラー」の発表50周年を記念する新作で、ケース径が43mm、完全自社製造ムーブメントを使用、自動巻きCal.3235を搭載し、サイクロップレンズを日付窓に採用しています。インデックスと針にはクロマライトを使用、ブレスレットはフリップロック エクステンションシステムにより約26mm、延長が可能となっています。ダイアルの「SEA-DWELLER」の文字は1967年発表のオリジナルモデルに倣い赤文字で表記されています。
予定価格は108万円(税抜)、2017年春発売予定です。

ロレックス2017-2018年注目モデルの二つ目はCELLINI MOONPHASEです。

cellini2017
こちらのモデルは ケース径が39mm、センター指針式カレンダーと6時位置にムーンフェイズ表示窓を備える新作となっています。ケース素材に18K エバーローズゴールドが使用され、ホワイトラッカー製メインダイアルには硝酸とエタノールとのエッチングを経て製造されるメテオライト素材のムーンフェイズが掲げられ、ムーンフェイズ機構は122年間の調整不要となっています。
予定価格は今のところ未定ですが 、発売予定は2017年秋となっています。